--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.11.16 (Sat)

日光観光 -いろは坂ダウンヒル-

 
今回は日光の旅です!
6月の一周年記念ドライブでやみつきになった事で、第二弾。

『頭文字D』の3rdシーズンである劇場版を見てから、日光行きたい行きたいと話してはいました。
日光は私の地元からだと近い所にあるので、私自身は小さい頃から日光は何度か行った事がありまして。
劇場版を見ていても見た事のある景色があるあるあるある。
でも彼氏さんは行った事がないから、せっかくだからと!
秋って日光行きたい季節じゃありません?(後付け)

…と言う訳で、今回の記事は『頭文字D』の話がかなり出て来るので、知らない方やネタバレ嫌な人はご注意を。
でも前半は純粋な日光の有名どころ観光の話ですよ!
写真が多く縦に長くもなっています。

8時に水戸を出発しまして、行きは私の運転でのんびり下道。
車内BGMは『頭文字D』の主題歌サントラ!
11時前には杉並木に入り、11時少し過ぎた所で、最初の目的地である「東照宮」に到着しました。

世界遺産、日光の社寺。
その目玉と言えるのが「東照宮」でしょう。
社殿は徳川家康が祀られています。
最初の石鳥居をくぐって最初にお目見えするのが五重塔。
IMG_4968.jpg
吹き抜けの内部に心中があって、建物が揺れても倒壊しないようになっているんだとか。
五層目だけ他の層と造りも違っているよう。
拝観料を払い、表門を入っていくと、あの「三猿」の彫刻がある建物が。
IMG_4971.jpg
見ざる!言わざる!聞かざる!
この3匹だけじゃなくて、他にもたくさん猿の彫刻が掘られてるんですよね。
金色が綺麗な御水舎でお清めして、「陽明門」。
IMG_4975.jpg
本当だったら美しい金と、数々の彫刻が見られる門なのですが…
残念ながら平成の大工事中でした。
気を取り直して、本社。
IMG_4978.jpg
たいへん混雑しておりました。
本社を見て右手にあるのが、これも三猿に次いで有名な「眠り猫」です。
IMG_4983.jpg
門をくぐる際に上の方にいるのをほんのちょっと歩きながら見るだけなので、上手い具合に写真が撮れてビックリ。
東照宮の数ある彫刻の中でも、猫の彫刻はこの一体だけなのだそうです。
眠り猫の門をくぐって、207段の階段に出来た長い列を待つと、奥宮。
IMG_4986.jpg
家康の墓所ですね。
以前は東照宮の拝観券は共通ではなかったので、奥に進む毎に料金を払うシステムになっていて、奥宮に来たのは私も初めてでした。
階段を引き返してきて、陽明門を抜け、右側にある「本地堂(薬師堂)」へ。
IMG_4992.jpg
天井に炭で描かれた竜の絵、その頭の下で拍子木を打つと音が反響して龍が鳴いているように聞こえる、「鳴龍」を味わうことが出来ます。
館内は写真撮影禁止だったので、龍の鳴き声をしんみり聞きました。

一時間ちょっとで全部回る事が出来ました。
他にも東照宮の近くには、二荒山神社、日光産輪王寺、輪王寺大猷院と、素敵な社寺が集まっていますが、今回は東照宮だけ。
お昼ご飯を食べようと車を走らせます。
日光には食事処もたくさんありますが、駐車場に車が置きやすそうだったので、今回は「日の丸」というお店に入りました。
忙しそうで、出て来るのがちょっと遅かったかなと言う感じでしたが、まったり次の計画が立てられました。
IMG_4995.jpg
湯葉うどんです(゜ω,゜)
日光の名物と言えば湯葉!
この湯葉がまた美味しいんですよ…!
彼氏さんが頼んだ三色そばも美味しそうでした。
「よっ」?

さてさて、本日のメインイベント、「いろは坂」をヒルクライム!
東照宮を出たところから、運転は彼氏さんに代わっていました。
いろは坂と言えば、『頭文字D』ではランエボ軍団「エンペラー」の本拠地であり、MR2使いの小柏カイとの勝負も繰り広げられた坂ですね!劇場版の見所!
IMG_5000.jpg
こちら、いろは坂の上下分岐点です。
いろは坂は変わっている道路で、上りと下りで道路が違っていて各々一方通行になっているのです。
上りと下りで(主に)計48のカーブがあり、その一つ一つに「いろは唄」の順で「いろは」の文字がつけられています。
IMG_5001.jpg
走っている車の助手席から撮ったからスピード感が…w
上りの途中には「明智平展望台」があります。
IMG_5005.jpg
『頭文字D』でエンペラーの人たちがたむろしているところ!
せっかくなので眺めを楽しんで、売っていた海老の湯葉巻きを食べました。

いろは坂を上りきって右手に行って、「華厳の滝」の駐車場へ。
華厳の滝は日本三名爆の一つで、落差は97メートル。
滝を見るためにエレベーターで下るんですよね。
はい!華厳の滝!
IMG_5010.jpg
何年ぶりに見るでしょうか、水しぶきが凄い…!
彼氏さんは滝好きなので興奮している感じでした。
滝の前で並んで記念写真パシャリ(*´ω`)

再び上がって、駐車場に車を置いたまま「中禅寺湖」まで歩いていってみました。
中禅寺湖はいろは坂を上ってからだと左手にあります。
IMG_5015.jpg
日が沈みかけていて綺麗です…(゜ロ゜*)
この湖畔で『頭文字D』の高橋涼介と須藤京一は語ってたんだなぁ…

日が暮れかけていると言う事でさぁ大変!
これからいろは坂ダウンヒルですが、下に帰る車がたくさんだし暗いしで、ゆっくりコースを見れなかったし撮れなかったのです…
…それはまた今度機会があったらきちんとしたカメラで撮るとして。
改めて、いろは坂下り、スタート地点。
IMG_5019.jpg
このエネオスでガソリンをちょっと入れ、入れている最中にちょこちょこ歩いて行って写真を撮りました。
スタンド側からしたら、この角度で写真を撮る人、多いんだろうなぁ…w
最初はストレートですが、いろは坂と言えば驚異のヘアピンカーブ率。
いい感じのカーブを見て「飛べそう」って感想を抱くのがw
IMG_5023.jpg
いろは坂は紅葉の名所ともされていますが、枯れて落ち葉が隅に溜まっているこの時期が私たちにとってはベストな時期。
だって『頭文字D』のVS小柏戦では、隅に溜まった落ち葉がキーポイントだったじゃないですか!!!
写真を撮るチャンスがあったので、「中の茶屋」
IMG_5028.jpg
『頭文字D』ではここで観戦している人がいましたね。

あーもう、暗いし早いし何処を撮影している写真なのか分からない…!
ここがアレで、ここがアレでって、言われて分かって撮影したはずなのに…
恐らく仕掛けた33カーブも撮影したんでしょうけど、カーブ標識の判別がつかず…( ´_ゝ`)
『頭文字D』いろは坂下りのゴールは三つの橋を超えた先。
これが一つ目の橋…形で判断して下さい…!w
IMG_5038.jpg
小柏とのバトルの決着がついた二つ目の橋。
IMG_5039.jpg
この右に壁が迫っているような所で…恐らく小柏のMRがスピンして…
IMG_5040.jpg
順番としてはこれが三つ目の橋なんだけど…ぜ、全然分からない…www
IMG_5041.jpg
ストロボも満足にたけない安物デジカメだとここまでが限度ですね。
時期はぴったりだったけれど、時間はハズレになってしまいました。
観光もきちんとしたかったので仕方ないです(´・ω・`)
でも、インベタの更にインの場所とか、最後の三つの橋とか、季節も丁度良く落ち葉の吹き溜まりも感じられて!
最高のダウンヒルでした!
実際に運転してみた感想としては赤城の方が楽しいらしい。

さらば日光!楽しかっただす!と日光を出たのが5時過ぎ。
そのまま帰るのかと思いきや…我々は宇都宮に立ち寄ってしまったのです!
宇都宮ドンキで宇都宮餃子を満喫(゜ω,゜)
IMG_5042.jpg
ここに来るのは3回目ですが、とりあえず今日めんめんが好きでした。
その後はゲーセンで『頭文字D』をやってもらって、今日走ってきた道の復習(ФωФ)
榛名と赤城に行った帰りにもやりました。
弐寺SPADAを拝んで、9時前には宇都宮も後に…

帰ってきたのは11時過ぎ。
うるはさん、帰りの車内マジ爆睡でしたけどね。
走行距離約255キロ!お疲れ様でした!

ほんっとうに日光楽しかった( ´ω`)
目標はいろは坂下りだった訳だけど、観光も十分に堪能した。
ライフでダウンヒル、榛名(秋名)と榛名湖(秋名湖)と赤城といろは坂を攻めたぜ!
次は何処を攻めようかしら!
 
スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ - ジャンル : 旅行

23:57  |  観光・旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tsurugi340.blog29.fc2.com/tb.php/301-8a5e74ae

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。