2014.03.31 (Mon)

舞鶴一人旅 [二日目・舞鶴観光メイン]

 
舞鶴観光、赤れんが倉庫群を見た後の続きです。
前回の記事はコチラ
今回が二日目のメインです。

自衛隊桟橋までの歩道を歩いている時、前方に老夫婦とその娘らしい3人組がいました。
おじさまが舞鶴の観光マップを持っていたので、私と目的地が同じかもしれない、そう思いました。
自衛隊桟橋の入り口に差し掛かりそうなところで抜かして、私が若干早い形で門をくぐったのですが、「わぁああ」と思わず言ってしまって立ち止まり、写真を撮る。
IMG_5408.png
「あまつかぜ」の主錨も置かれていました。
そして門をくぐった時、その3人組のおじさまが私に話し掛けてきて…
「失礼ですが、その帽子はおじょうちゃんの趣味ですか?」って…Σ(゜Д゜)
テンパりながらも「はい、旧海軍の士官帽です」と返してツバを持つと、
おじさま「私も同じですよ。せがれが買ってくれたんです(自衛隊のマークが入ったキャップを見せてくれる)」
私「わぁ、同じですね。せがれって事は、息子さんが自衛隊に?」
おじさん「そうなんです。せがれを見に福井から来たんです」
私「まぁ素敵!私も茨城から来たんですよ」
おじさま「へぇ、遠くから」
そんな会話をして、受付前に着きました。
名前を記入している間に3人組は先に手続きを済ませていて。
見学証を手に入れていざ桟橋を向くと…
IMG_5411.png
うぉおおおおおおあたごぉおおおおおおお
「DDG177あたご」、うん、でかい(゜Д゜)

写真を撮りながらほえーって見上げていると、3人組も隣に。
せがれに会えた、と言うので一緒になって「あたご」見上げると、お互いに手を振り合っていました。
両親と、娘と思しき人は義娘で、自衛隊の息子さんの奥さんだったんですね。
一番左の方ですか?と確認して、「息子さん、写真撮っておきました」って言ったら笑ってくれました。
甲板の上から手を振る自衛官様と、それを返す嫁さんと両親を見て、中々会えなくても素敵な夫婦、家族だなぁって思いました。
そして分かれて見学開始。

何やらの公開訓練をしているようで、自衛隊の方々が慌しく甲板の上で動き回っていました。
でかすぎて端から端まで歩くのも時間かかるし、何よりカメラにおさまりませんw
さっき遊覧船から見た「みょうこう」と「ふゆづき」もこんなに近くに…!
IMG_5427.png
やはり艦名もそうですが、ナンバリングを入れるとかっこいいですね。

同じ敷地内をうろうろしているのもあって、赤れんが倉庫側まで歩いていったら3人組に再び遭遇。
自衛隊の嫁さんが、艦船を背景に写真を撮ってくれると言ってくださって…!
一人だったからこうやって言って下さるのはとっても嬉しい。
ご好意に甘えて撮ってもらったら、何と良いアングルw
ご家族と別れて個人的に撮った「ましゅう」。
IMG_5432.png
いくらシンプルな船体と言えど、でかい。

再び中央に戻ってきて、「あたご」。
IMG_5435.png
自衛隊の方々も中に入っていき、観光客も少し減ったので上手い写真が撮れました。
訓練の都合が合えば甲板に上がる事が出来るのですが、今日は上がれないとの事でしたしょんぼり(´・ω・`)

桟橋を「ましゅう」とは逆方向に行くと、丁度海を遊覧船が走っていました。
遊覧船から見た「うみたか」だってありましたよ。
IMG_5440.png
防衛省艦らも間近で見ると色々凄かった。
遊覧船から見えたものはこの桟橋から見えるので、造船所やドックも遠くに確認出来ました。
自衛官がお父さんなのか、子供が海自の帽子を借りて写真を撮っている風景を見てほっこりもし。

そろそろ帰ろうかと「あたご」に戻ってくると、あの3人組が自衛官の方とお話をなさっていました。
向こうが気付いて私に声を掛けてきたので近付くと、自衛官の方は思った通り息子さんでした。
さっきそこで知り合ったの、と言う紹介のされ方w
お嫁さんがまた気を利かせてくれて、息子さんとツーショット写真を撮って下さいました…!
後ろに「あたご」の文字が入るように、というまた素晴らしいアングルで。
茨城から青春18切符で来た話をするとまた興味深そうでした。
何で舞鶴wってw横須賀はもう行っちゃったから、と話したら納得しかけてたけど、でもやっぱり遠いよって言われましたw
混じって5人でお話をしていると、また奥さんからこんな提案が。
「せっかくだから(「あたご」の)中、見せてあげたら?」
……………!?!?!?Σ(゜Д゜)

たたたたたたた大変だぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
桟橋で帽子をきっかけにお話をしたというご家族と度々ご挨拶したご縁でででででてでででで
護衛艦あたごの中、見学出来ちゃったぁああああああああああああああああああああああああ
やばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばい一般解放はきっと甲板だけなんだろうけどどどどどどど
自衛官さんの部屋とか、魚雷の横とか、艦長室前(艦長さんもご家族に挨拶に出てきた)とか、あと何だ?操縦するとことか、艦長の席とか、航海日誌とか、主砲横とかとかとかとかとか
見れちゃったんだよぉおおおおおおおおおおおおおおおお
IMG_5453.png
な、中も写真撮影オッケーでした…
機密もあるだろうから載せるのは避けておきます…
ただ!名探偵コナン『絶海の探偵』の甲板の風景そのもの…!
携帯が落ちていたあの場所の話を私がすると息子さんが、コナンの映画スタッフの人たちが調べに来たんだとか。
気付いたんだけど、案内してくれた息子さん、水雷長?とか何とかで、おじさまが言うには「あたご」で3番目くらいに偉い人なんだってててててててて
じゃなければ私みたいな人乗せられる権限ないですよね…
娘だと思ってどうどうとしていればいいのよ、とおばさま達には言われたけどすっごい緊張しました…

いよいよ時間だと言う事で、名残惜しいけれど「あたご」から降りて桟橋でご家族とまたお話。
おばさまとおじさまは福井で麹のお店をやっているそうなのですが、私の事をえらく気に入ったようで、麹の商品を送りたいから住所を教えてくれと。
お店の名刺も貰っていたので、快く連絡先を教えました。
お土産に福井のお菓子やみかんも貰ってしまったww
別れたくなかった…
ご家族にも用事があるし、私にもスケジュールがあったので、仕方なくお別れです。
最後に、記念にご夫婦と一緒に写真を撮ってもらいました。
 
ご家族と別れた後も中々興奮がおさまりませんでした…
これは記念にと、敷地内にあったコンビニに入ってお土産を物色です。
自衛官向けの商品とか置いてあって面白かったです。
「あたご」に乗ったことを忘れないように、「あたご」のストラップを買いました。
 


夢なのではなかろうか…
響帽かぶってなければこんなことは……
なんぞこれなんだこれどうなってんだこれ。
時間だいぶ経っちゃって「海軍記念館」にも行きたかったんだけど行けなくて…とかはもうどうでもいいね!?
絶対出来ない経験しちまったよね!?!?
うぉおおおおおおおおおおおおお
よく考えろ…あたごってイージスシステム搭載だから企業秘密の艦な訳だよな?
ぬぉおおおおおおおおおおお
なんてこった!!!!!
ヤバい舞鶴最高一人旅最高響最高。
本当にありがとうございました…!

…みたいな事をTwitterに呟いたり、母親や彼氏さんに電話したりしたら、そりゃあ皆さん驚きですよね。
朝携帯の写真を全部消してしまったとか、そんな悲しみ、吹っ飛んじゃうくらいの経験でした…
そんな訳でこの記事が今回のメインなのです。
ここでも一人旅でなければ、帽子をかぶっていなければ、あのご家族と行くタイミングが一緒でなければ、こんな事はなかった…
人の出会いと言うのは面白いですね。

まだ観光は続いて、本当はこの記事で終わりにしておきたかったのですが、長くなりそうなので4つ目のレポ作ります…
 
スポンサーサイト

テーマ : 京都旅行 - ジャンル : 旅行

14:55  |  観光・旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tsurugi340.blog29.fc2.com/tb.php/352-7a30e067

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |