--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.04.03 (Thu)

舞鶴一人旅 [三日目・天橋立観光後編]

 
天橋立観光、昼食を食べ終わった後の続きです。
前回の記事はコチラ

「はしだて茶屋」を出て、松並木を歩いていきます。
IMG_5561.jpg
雨はあがりましたが、風が強くて…
ガイドマップは飛ばされそうになるし、海の波も荒立っている…( ´_ゝ`)
歩いている人なんていませんww
人がいないから静かに写真を撮り放題ではありますが、風も波も怖かった、というのが正直なところです。

天橋立を歩いていて、様々な松を楽しめました。
形がこうだからと「○○松」と名前がついている松らがあって、一本一本眺めていくのです。
知恵の松、式部の松、雲井の松、など。
石碑なんかもいくつかあって、与謝野夫妻の歌碑、石見重太郎試し斬りの石、岩見重太郎試し斬りの場、そしてまさかの大砲も。
中腹には「橋立明神」という神社があります。
IMG_5571.jpg
すぐ脇にある「磯清水」という手水は、海の上なのに真水が湧き出す不思議な水。
日本名水百選の一つでもあるようです。
でも飲用はご遠慮ください、と書いてありました。

その後も与謝蕪村の句碑、晶子の松、昭和天皇御手植松、千貫松、松尾芭蕉の句碑、阿蘇の松、夫婦松、羽衣の松、雪舟の松、なかよしの松、小袖の松、見返り松を見て…
数ある松の中でも一番重要な「双龍の松」です。
IMG_5590.jpg
天橋立は「神の住み給う天への架け橋」として美しい姿でありましたが、平成16年10月20日にこの地域を襲った台風により、247本の松の命が亡くなったのだそうです。
この「双龍の松」もその一つ。
惨状を記憶に留めると共に、天橋立を今後も残していくため、また、環境破壊に対する警鐘を込めて、この公園が造られたようです。
この大木をへし折っちゃうんですから、かなりの猛威ですよね…

…さて、「双龍の松」を過ぎ、「特別名勝天橋立の石碑」が見えたらもう終着(゜ω゜)
3.6キロの天橋立、渡りきった!!!
次は上からの天橋立を楽しみますよ。
コハクチョウの飛来地でもあるようで、鳥がたくさん飛んでいました!
天橋立から大通りに出て、信号を渡れば「元伊勢 籠神社(このじんじゃ)」があります。
IMG_5613.jpg
天照大神が伊勢神宮に鎮座する前に祭られていたとされる神社なのだそうです。
木製の鳥居に、重要文化財の狛犬も。
狛犬は犬というよりも怪獣みたいでしたねw

「籠神社」を横切って、お土産屋さんらの道を進むと、リフトとケーブルカー乗り場があります。
この日はリフトは動いておらず、ケーブルカーのみが運行していました。
ケーブルカーに乗って5分で、小高い山の上にある「笠松公園」に到着します。
「笠松公園」は天橋立の眺望スポット。
イメージキャラクターである「かさぼう」がお出迎えしてくれますよ( ´ω`)
デッキからの景色がこちら!
IMG_5645.jpg
雨でも綺麗…!
あそこを歩いてきたのかと、しみじみした気持ちになりました。
晴れていたらもっともっと美しいのでしょうね。
舞鶴の地も見えそうでしたのに。

この「笠松公園」の名物は、股のぞき。
股からのぞいて天橋立を見ると、天橋立が天に架かる橋のように見えるのだそうです。
やってみました!w
IMG_5626.jpg
証拠のために私の足も右側に(゜ω゜)
風が強い中、傘を持ってカメラも持って、股のぞきの台からのぞく…少し怖かったです。
股から覗いてるところをおじいちゃんに写真撮って貰ったのですが、動画になっていたというww
ケーブルカー乗ってから気付いたよ勿体ないwww
それもまぁ思い出か、と思いますが、滑稽であるwww
受け取った時に気付けば良かったですね、静止画も欲しいから。

…そういう訳で、1時間程「笠松公園」を楽しんでから、またケーブルカーで下に降りました。
帰りは遊覧船に乗って帰ります!
待合室で話し掛けたら、おばあちゃんに飴ちゃん貰いましたww
お返しに私も持ってた飴ちゃんあげたよww
切符と飴玉の写真を母親に送ったら、「切符買った時に子どもに配ったのかと思った」って言われたww
私を中学生と言うんだくそっww
そんな事があり、乗船した遊覧船。
IMG_5653.jpg
雨が酷くて靴がぐしょぐしょでした。



遊覧船に乗ったところで、次の記事に繋げます。
次でこの一人旅もいよいよ完結ですので、もう少しお付き合い下さいませ。
 
スポンサーサイト

テーマ : 京都旅行 - ジャンル : 旅行

21:16  |  観光・旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tsurugi340.blog29.fc2.com/tb.php/355-1d68e550

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。