--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.05 (Mon)

太田・館林上毛かるた巡り+α

 
今回は父親と群馬県内の歴史文化を訪ねる旅!
地元から近場の、群馬県太田市と館林市を回ります。
母上は車内待機です。

まずは太田市。
父親が行ってみたかったらしい「曹源寺 さざえ堂」です(゜ω゜)
IMG_5770.jpg
新田家の新田義重が京都からの養姫である祥寿姫の菩提を弔うために建てた六角堂が元だそうです。
日本三堂の一つなんだとか。
外観からは二階建てに見えますが、中は三階建てになっています。
一階から左側の通路を右回りに進んで二階、三階と上がっていき、そのまま進んで、回りながら同じ道を通らずに一階に戻ってこれる、という造りになっています。
この造りがさざえと名の付く由来なんですね。
拝観料は300円とかかりますが、実際に中を一周歩いてみないとこの寺の良さは分からないでしょう。
中は観音様が百体も奉られていました。

続いてからは私の希望。
地元から近過ぎて逆に行っていなかったお寺、「大光院」です(゜ω゜)
IMG_5785.jpg
新田義貞を祀るために呑龍という僧を講師として創建したお寺。
当時、間引かれて殺された子どもを悲しみ子どもを弟子として引き取ったことから、「大光院」は「子育て呑龍」とも呼ばれています。
呑龍の名は航空機の名前にも使われたようですね。
群馬県の上毛かるた「太田金山 子育呑龍」の札の場所でもあります。
大きかったけど思ったよりひっそりでした。
案内のパンフとか寺名入りのおみくじとかも無かったから残念。
上毛かるたの絵札はこんな感じですかね?
IMG_5786.jpg
何か鬼瓦がちょっと違うような…他の建物なのかしら…
鳩(?)も飛んでないですし。
いつになるやら子どもが出来たらまた縁起貰いに来たいですね。

せっかく太田にいるのだから、昼食は太田焼きそばを。
…って事で「峯岸大和屋」の焼きそば(゜ω゜)
IMG_5788.jpg
具はキャベツのみでラード多し、和菓子屋さんが作る焼きそばでした。
お土産に買ったあんバターどら焼き美味しかった!

さてさて、場所が館林市に移りますよ。
上毛かるた「花山公園つつじの名所」にも謳われる、「つつじが丘公園」に行きました(゜ω゜)
その名の通り、つつじの咲き誇る公園。
かるたの絵札では園内にある沼の上のボートを背景につつじが咲く様子が描かれているので、つつじの写真は何枚か撮りましたがこんな一枚を載せてみます。
IMG_5796.jpg
ほんの少し時期が過ぎちゃった感じですが、丁度いい頃合いのつつじもありまして!綺麗でした!
イベントとして園内で徳川鉄炮隊の演舞も丁度やっていて凄かったです。
空砲とは言え、迫力がありますね。

沼沿いを歩いていき、公園を抜けて館林市役所の近くまで行ってみました。
私が田山花袋の記念館に行きたがったためですw
途中にあった「旧秋元別邸」というところで歴史好きのおじちゃんガイドさんに案内してもらいました。
市役所の周りは昔は城があったようですね(゜Д゜)
堀もまだ残っているようで、確かに良く見れば地名に城の名残がありました。

「田山花袋旧居」の傍にありました、田山花袋の像!
IMG_5811.jpg
上毛かるたに「誇る文豪 田山花袋」という札があります。
田山花袋は群馬県(当時は栃木県)に生まれた小説家です。
自然主義文学を書き、代表作に『蒲団』があります。

またつつじ公園の駐車場に行くのも面倒になった我々は、駐車場の母上を召還w
「こいのぼりの里まつり」というイベントの期間中でもあって、そばの川沿いには鯉のぼりがたくさん飾られていました。
この日は風が吹いてないのが残念です。

館林市にあるもう一つの上毛かるたポイントに移動です。
上毛かるた「分福茶釜の茂林寺」にあります、茂林寺(゜ω゜)
IMG_5824.jpg
説話としても有名な『分福茶釜』 ゆかりの寺として知られています。
だから境内はタヌキがいっぱいなんです!!!!!
IMG_5822.jpg
本堂よりもタヌキの方に目が行ってしまいますよ…
お土産屋にもタヌキがいっぱいで、そもそも館林市内ではタヌキの像や絵を至るところで見掛けます。
ご当地キャラも釜とタヌキを模した「ぽんちゃん」というキャラなのですが、「茂林寺」境内でぬいぐるみを販売することを私は期待している←
境内で館林の日本酒販売をしているおじちゃんがいたので、彼氏さんへのお土産に購入です( ´ω`)

このまま家に帰るのかなと思いきや、父上は私の要望をもう一つ叶えてくれました。
日が暮れるか暮れないかなところで着いたのは、太田市に戻って「生品神社」なる神社(゜ω゜)
IMG_5835.jpg
暗いから写り悪い…
1333年、新田義貞が後醍醐天皇より鎌倉幕府倒幕の命を受けた際に、この境内にあるクヌギの木の前で旗揚げをし、鎌倉に攻め込んだと伝えられています。
写真にある本殿にかぶさっている木はその木ではありません。
上毛かるたにも「歴史に名高い新田義貞」という札があります。
新田義貞の戦いの軌跡を辿る起点にもなっているんですね。
縁の地なので新田義貞像もあります!
IMG_5829.jpg
境内から鳥居の外に移動されたようです。
震災の影響でしょうか…?
日もほぼ暮れてしまったのでここで帰路となりました。

 
 
上毛かるた+αを巡る旅、太田市と館林市完遂!
訪れた札は5枚でした!
うるはさんは旅先で銅像や記念碑を見掛けると同じポーズをして写真を撮るのがデフォです。
今回は分福茶釜のタヌキ、新田義貞と一緒に写真を撮りました←
近場でも行ったことない所は知らない所。
上毛かるた関連でまだ行ってない土地や見てない所があるから、またかるた巡りに出たいですね。
 
スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ - ジャンル : 旅行

20:55  |  観光・旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tsurugi340.blog29.fc2.com/tb.php/368-cedd6522

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。